日々のこまごま

日々のこまごまをかきます。

火曜日のまなび

 

1限自主休講。

 

2限英語。further、さらに、みたいな意味。

 

4限、マクロ経済学IS曲線、、、、、zzz

復習せねば、、、、45度線モデル、IS曲線に関するところ。

マクロ経済学に関してはテスト前にガバッとまとめようかな。

 

5限、国際関係論入門。国際関係のあゆみ、冷戦を再検討した。

 

まず、冷戦の始まりから。WWⅠ中、ロシア革命によってソ連が爆誕。その革命が広まる恐怖から、世界中で共産主義が脅威として認識される。WWⅡをともに連合国として戦った米ソ間は、終戦後、徐々に緊張関係ができた。これが冷戦時代のはじまりである。

 

これをリアリズムの観点から説明すると以下のようになる。

 米ソ間の緊張関係は国際関係上の構造により米ソの二極化を生み出した。相互に不信感があり、安全保障のジレンマが発生(あいつ軍備強化しとるな、、うちも軍備強化せな責められそう、、強化しとこ!→緊張関係の高まりへ)

 米ソ間の直接的な原因のひとつは、WWⅡのとき、ソ連がドイツと戦ってるときにアメリカ(とイギリス)が黙ってみていたこと。イギリスドイツは独ソの共倒れを狙ってたみたい。ふたつめは、アメリカのトルーマン大統領が戦後、核兵器を武器にソ連を脅したこと。これを受けてソ連はやばいと考えて核を持った?

 こうして米ソは経済軍備の領域で発展し、世界の超大国へ!ただし、両国は全く異なる政治、経済システムであった。→世界は二極化、、、

 

 コンストラクティビズムから説明すると、次の通り。

米ソはそもそもイデオロギーが根本的に違うため、対立してしまった。これに加えて、規範の共有も失敗してしまった。米ソの規範を以下でいろんな角度から比較してみる。

 

①経済制度

米・西側:資本主義(私有財産と自由市場)

ソ・東側:社会主義(所有は国、モノの分配も政府が決定)

②政治制度

米・西側:民主主義、選挙による代表者選出、市民の自由

ソ・東側:共産党一党独裁(反乱分子の粛清や強制労働)

③国際政治

米・西側:国家間の自由貿易推進。国家間の協調の可能性を肯定。

ソ・東側:資本主義はいつか恐慌や戦争で破綻する。そして、世界各      

     地で共産革命が生じる。世界中で共産主義体制になるはずである。

④宗教

米・西側:アメリカは基本的にキリスト教国。

ソ・東側:完全否定。科学信仰。

 →規範の共有が非常に困難!

 

眠いしまた続きかくね

木曜日のまなび

木曜2限、今回はメールの書き方。そのポイントはIメッセージとYouメッセージ。

 

Iメッセージとは、例えば、「〜してくれたら(私は)嬉しいな」という感じの主語が「私」の文。

Youメッセージはその逆。主語が「あなた」の文。

 

Iメッセージは柔らかい表現になるので頼み事やコミュニケーションが円滑に進むとか。youはやっぱりその逆。

 

フォーマルなメールを送る際にはこれを意識してメールを推敲するんだそう。

 

次にしたのは図形の作り方。正直ググればすぐできそう。

パワーポイントを使って画像を曲線ツールで好きな形に囲みシルエットを作る。そしてシルエットを好きな色の塗りつぶして増やすなり影を付けるなりしてくださいとのこと。あんまり使わないかなあと思う。

 

 

3限、批判的思考を身につける。

 

今回は卵子凍結について規制か否かをディベート。僕は規制側でディベートに望んだが、どうも言いたいことがまとまらない。上手な話の組み立て方が気になる、、

 

 

4限、ミクロ経済学、爆睡。先生のシャツが日に日にオカマっぽくなるくらいしか今日の発見がない。しっかり復習せねば、、、

 

 

現時点で提出物は

ゼミレジュメ12/06、レポート12/09、ミクロ12/14

 

あと自主的にしなきゃなのはミクロ経済学マクロ経済学国際関係論政治学民法、、、、たくさんつらい

水曜日のまなび

水曜日、1限ゼミのために登校、したのはいいんだけども、発表する学生がみんなおやすみ。授業は仕方なく提出物の説明にシフトチェンジ、学びはなし。

 

 

2限交渉学では、ミッション設定をやった。ミッションとは、究極のゴールのこと、、、なにそれ。。。

 

まあとにかく実践。設定範囲は大学生活。長期中期短期に分けて目標を立てる。自分の目標を無意識に意識出来るようにするといいのかな?無意識に意識?わからん😖

 

とりあえず長期目標は就職。中期目標は就職のための知識補充。短期は知識補充のために単位をしっかり授業をしっかり。先週の木曜の学びと似た内容だった。

 

 

3限英語、学びなし。大学生にもなってitが使えない子がいて

びっくり。。

 

 

4限レポート作成、正直あとはレジュメ通りに進めればよい、学びなしかな、、、

 

 

火曜日のまなび

本日火曜日、1限英語休講、2限英語、よって学びなしだった。

 

4限マクロ経済学は何を言っているか分からず気付いたら終わっていた。マクロ経済学、教科書にて要復習。。。

 

5限は国際関係論入門。これは学びあり。だがレジュメが手元にないので書き記すのはまた今度。

 

 

月曜日のまなび

月曜日は5限英語のみ、特に学びはなし。つらい。

金曜のまなび、4限

金曜日のまなび、4限をまとめてみる

 

今回の8講では民法93条(心裡留保)、94条(虚偽表示)をテーマに取り扱った。

 

条文は以下の通り。

93条

意思表示は、表意者がその真意ではないことを知ってしたときであっても、そのためにその効力を妨げられない。ただし、相手方が表意者の真意を知り、又は知ることができたときは、その意思表示は、無効とする。

 

94条

  1. 相手方と通じてした虚偽の意思表示は、無効とする。
  2. 前項の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない。

 

まずやったのは93条心裡留保。 

心裡留保とは、表意者、つまり意思を表示する人が、表示行為に相当する本心がないことを知りつつ行う意思表示のこと。冗談が典型例。(殺すぞ!って言っても本当にするわけじゃない)93条ではこのような意思表示は原則として有効とみなされる。冗談でも許されないんすな。ネットにおける犯行予告も心裡留保が適用されてる?

 

しかし、例外がある。それは但し書きのとこ。相手方が表意者の真意を知り、又は知ることができたときは、その意思表示は、無効とする。つまり、表意者の相手方が、その本心真意を知っていた、または知ることができたときの意思表示は無効になるということ。(相手方が悪意の者であれば意思表示は無効!)こんなかんじで93条は意思の不存在、欠缺が招く問題を律する。わかんね。

 

 

次にやったのは94条虚偽表示。パッと字面を見たところ嘘の生産国とか原材料を書いて食品を売っちゃダメみたいな法律かなって思ったけど違うらしい。というのも、ここでいう『虚偽』は『ウソ』の意味じゃないから。虚偽とは、表示行為に対応する意思がないことをいう。

 

飽きたので追々書き足したい

 

 

 

まなび

11/24(木)2限、学び方を学んだので実践。

大切なことは3つ。

1つは、大きい夢のようなもの、あるいは具体的な目標を立てること。

2つは、学んだことを人にドンドン教えること。今してるようにブログに書くでもよい。

3つは、疑問をたくさん作ること。学ぶを問うと書いて学問。問うことで学びを得られる。蓄積された問いはきっかけによってブワッと解き明かされて忘れ難いものになるらしい。(窒素は青以外を吸収するから海は青い。二酸化炭素は赤以外を吸収するから火星の空は赤い)

こんな感じのを毎授業やると

つづく